劇的な気持ちの変化:たかが洗濯ネットされど洗濯ネット

〜意識を向けてあげることって愛情をかけてあげるってことだ〜

武田望さんのこんまり流片付けコンサルを受けて
一番気持ちの変化が大きかったのが、
洗濯ネットを畳んで収納した事です。

家にあるもので畳めるものは
こんまり流の収納方法に沿って
基本は畳んで立てて収納していました。

例外が洗濯ネットとゴミ袋。

この2つは収納場所に余裕があるし
カゴにぐちゃっと収納しても
良いやと思っていたんです。

けれどコンサルの際に望さんに
ここまでやったのでせっかくだし
と言ってもらい

望さんと一緒に丁寧に愛情を込めて
畳んでカゴに収納しました。

その後望さんが帰られて
何日間か洗濯ネットとゴミ袋を使った時、

とても良い気分でいる自分を発見しました。

カゴに綺麗に収まっている状態をみると
モノを丁寧に扱っていて気分がいいし、
モノも喜んでいるような気がしました。

綺麗に畳んで収めるだけで
こんなに気分が違うと実感したんです。

ここで私の中で何が起こっていたかを
私なりに分析すると

ぐちゃっと収納=ぞんざいに扱うという事は
そのものに意識を向けていない
ということ。

それを丁寧に畳んで
ひとつひとつの物に
意識を向けてあげることって

愛情をかけているって事なんです。

そして愛情をかけられるって
幸せな気持ちになるんです。

だから洗濯ネットでさえ
綺麗に畳んであげたら
幸せな気分になったんですね。

たかが洗濯ネットされど洗濯ネットですが、

丁寧に収納してあげる事で

小さな幸せを感じられますよ。


■ときめき片付けモニターレッスンの募集をしています✨

モニターレッスンの詳細はこちら
https://ws.formzu.net/dist/S43261691/

#わたしの片付け体験記

投稿者プロフィール

藤原由佳
藤原由佳
こんまり®流片付けコンサルタント養成講座受講生|心理カウンセラー|片づけ好き
詳しいプロフィールはこちら